英語・ベトナム語にかぎらずどんどん話して覚えよう

日本人は外国語で話し掛けられたりすると、どうしても間違ったら恥ずかしい、どう答えていいのか分からない、といったような気持ちがまず最初に働いてしまい口ごもってしまうケースが少なくありません。

 

ただ、これは日本人が英語を始めとする外国語習得のいちばんの妨げになっていることだとも言えるのです。

 

ベトナム人も、日本人と同じように母国語が英語ではないですが割と英語をしゃべる方が多いことに気が付くはずです。

 

ただし、実はよく聞いてみると文法がめちゃくちゃだったり、発音もあっていなかったりします。

 

それでも、普段から英語を積極的に使っているのです。

 

英語が苦手だと思っている方の中には、TOEICのテストでは高得点をとっている方もいらっしゃることでしょう。

 

テストでは点数が取れるのに、実際外国人に話し掛けられると何も答えることができない…そういったことでは本当の英語力は伸びていきません。

 

ベトナムでの就職・転職をするには、まずは英語力が問われることもありますが、全ての企業で欧米で生活するときのようなパーフェクトな英語が求められるわけではないのです。

 

ビジネスレベルでの英語を使いこなせれば、どのような仕事をするにもとても便利ではありますが、それよりたとえ間違っていたとしてもどんどん普段から使っていくことでより実践的な英語を身につけていくことが大切です。

 

これは英語だけではなく、ベトナム語でも同じことですから、ベトナムで生活をするためにはまずは簡単な単語だけでもどんどんベトナム語も使ってみましょう。