女性でも楽しめるベトナム、観光と滞在の体験記

5年前にベトナムの主要都市であるホーチミンを訪れました。

 

ベトナム旅行といえば世界文化遺産にも登録されているハロン湾!とも思ったのですが、大人女子3人旅でしたし、世界遺産よりもショッピングとエステ!という気分でしたので色々調べてみたところホーチミンにしました。

 

ホーチミンは首都ではないのですが(首都はハノイ)、ベトナムの主要都市の中で一番の都会らしく、実際に着いてみるとイルミネーションに輝くデパートやショップがたくさんありました。

 

ただ日本と違うのは車社会ではなくバイク社会で、とにかくバイクが右往左往しています。ガイドさん曰く、バイク社会だと事故が多いと思われているが、事故が多いことを国民みんなが認識しているため反って事故件数は少ないとのことでした。

 

今回の目的はショッピングとエステと食事!

 

ショッピングでは日本で売られているとあるブランドとそっくり、というかブランド名がついていないだけで質も見た目も全く同じバッグや小物が1/20の価格で買えたり、完全オーダーメイドのワンピースが約4000円で買えたりと、なかなか日本では値が張るショッピングをすることができました。

 

7〜8人がかりでサイズを図ってくれた時は女王様気分でした。

 

エステもいわゆるアジアンエステではなく、もともとフランス領の土地だったこともあり、西洋風の建物の中でエステをやってもらいました。こちらも1人につき2人がかり!

 

こちらでも女王様気分でした。

 

食事はというとフォーに代表されるようにあっさりしており、においにクセもなく食事の好き嫌いの多い私でも毎日楽しむことができました。

 

ただパクチストさんでない限り、パクチーの入れすぎには注意です。一緒に出される唐辛子にも。

 

アジアの雰囲気や食事が苦手・・・という方にはぜひ行ってみてほしいアジアの国ですね。