ベトナム駐在員と現地採用者には確執があるって本当?

ベトナムにおいて、駐在員と現地採用者の間には埋められない確執があると言われています。基本的に現地採用者に比べて駐在員の待遇は比較になりません。現地採用者というのは、福利厚生がほとんどありません。駐在員の場合は、手厚い福利厚生が受けられます。年に1度か2度の往復航空券や海外移住手当、住宅手当、交通費、企業によっては食事代や送迎用の車社会など、待遇は破格です。更に一番待遇が顕著に差が出るのが給料です。業務を行う方の能力や技術が同レベルであっても全く違います。わかりやすく説明すると、現地採用者は、ベトナム企業からのみ支払われます。これに対して、駐在員は、ベトナムと日本企業から支払われます。これは如実に差が出てきます。日本とベトナム企業からもらえるとゆうことは、ベトナム企業から給料が同じだとしても、日本からの分はそのまま貯金することができると言うことです。現地の物価は、日本に比べて安く現地の給料だけで充分生活に困る事はありませんが、日本企業からの給料は、現地の比較にならないほど高く、それが確執の原因となっていることは間違いありません。自分の方が技術的にも能力的にも会社に貢献しているにも関わらず、待遇の差が目に見えてしまうので、不満は募るばかりです。ベトナムへの愛着も、現地の人と派遣されてきた人とでは明らかに違うため、溝は深まるばかりです。これから就職を考える上で、コミュニケーションは重要な項目です。